ホンダは今ではホンダカーズとして全国で統合されているように見えますね。しかし実際にはホンダカーズでもいくつもの会社に分かれているのです。このホンダディーラーも元々、自動車屋や修理工場などがホンダ販売店の看板をかかげてスタートをしていますので、トヨタや日産とは少し違う仕組みになっているのです。

こういう事を考えると、ホンダの新車購入の時にはホンダディーラー同士で相見積りを取るのがかなり効果的となります。これは上記でも解説したように見た目は同じディーラーでも中身はまったく違う会社だからです。敵とまでは言いませんが、商売敵と言っても良いかもしれません。

新車値引きをがツンとやらせる!では、ホンダ車の新車購入をされる場合には、ホンダカーズ販売店の中でも大元の会社を調べて違うところで同じ車の見積り、値引きを集める事をお勧めしたいですね。よくあるトヨタとか日産などの同じクラスの車と比較をするよりまず効果が高いと思われます。

特にホンダカーズでは値引き額というのを営業が管理している事が多くなっています。これはどういう事かと言いますと、当たる営業によって購入金額がかなり変わってくる可能性があると言う事になります。少し変わった値引きの提示をするのがホンダカーズ全体的な動きですので、新車を安く買いたい場合にはしっかりと値引き交渉は進めていかないといけません。

あとはホンダカーズ同士の比較ですよね。これだけでもたぶんですが、5万円~10万円は安く買えるのかな?と思ったりもしています。これはホンダカーズの現役の営業の方から聞いた話ですので間違いないとは思いますが、5万円の値引き、30万円の値引き、同じ車種でも大袈裟にいうとこのぐらいの値引き幅が出てしまうそうです。なかなかこちらから営業担当者を決める事も出来ないので難しい問題ではありますけど、ホンダの新車購入をする場合にはある意味当たり外れがあると言っても良いのかもしれません。

これは営業VSお客という形での勝負と同じですので、出来ればいろいろと事前準備をしてから商談に挑みたいところですね。ホンダの新車購入は少し他とは違うイメージがとても強いので、上手に立ち回りをしたいところです。